あなたは何を基準にブラジャーを選んでいますか?正しく選んで正しく着用しましょう!

ベルタプエラリア

 

せっかくビーアップで内側から育乳に励んでいるのに、間違った下着選びと着用方法でバストアップの足を引っ張ってしまっていませんか?

 

特に若い女性は、金銭的なこともあり、安価なランジェリーショップで見た目がカワイイだけのブラを選んだり、谷間を作るために締め付けすぎな着用をしている方がいます。

 

また、露出気味の服装に合わせて、ヌーブラやストラップなしのブラを頻繁に着けているという方もいるでしょう。

 

若いうちは、女性ホルモンの分泌も多く、少々そのような生活をしていてもバストの下垂など気になることはないかもしれません。

 

ですが、若くても乳房の中にあるクーパー靭帯と言うバストをさせている靭帯は、激しい揺れや衝撃により切れてしまうこともあります。

 

クーパー靭帯は一度切れてしまうと元には戻りません。そうならないために正しいブラを正しく着けるよう、身につけておきたい基本的な知識を以下にご説明したいと思います。

 

バストトップとアンダーバストの差でバストサイズは決まります。

【トップとアンダーの差】
・10p→Aカップ
・12..5p→Bカップ
・15p→Cカップ
・17.5p→Dカップ
・20p→Eカップ
・22.5p→Fカップ

 

正しいブラジャーの着用方法
@アンダーが合っていないとバストをちゃんと支えることができません。アンダーの位置を合わせます。

 

Aストラップを両方の方にかけます。カップ下のアンダー部分をバストの下部にフィットさせます。

 

Bきつすぎず、緩すぎない程度にホックをとめます。

 

C前かがみになり、左手で左のカップのストラップの根元を少し浮かせ、右手で左バスト全体を包み、中心部に寄せながら右肩方向へ優しく引き上げます。反対も同様にします。

 

D前屈みの状態から体を起こし、最後にストラップを調整します。

 

これら基本的なことを念頭に、ブラを選び、着用するように気をつけましょう!

 

あなたにおすすめの記事♪