遺伝的な要因よりも、生活習慣から受ける影響の方が大きい

ビーアップ

 

胸が大きい人と小さい人の違いに遺伝による影響がある可能性は否定できません。

 

しかし、胸の大きさを決めているのはむしろ生まれてからの生活に依存する部分が大半を占めます。

 

胸が育つかどうかは女性ホルモンのバランスと栄養状態、生活習慣といった様々な要素が絡み合って決まっているからです。

 

女性ホルモンが十分に分泌されているのは成長に不可欠であるため、遺伝的にもともと女性ホルモンが少ない人の場合には必然的に胸が小さい傾向があります。

 

しかし、女性ホルモンを増やすように心がけていれば大きい胸を手に入れられる可能性があるでしょう。

 

それほどに後天的な影響力があるのは、妊娠をしている間は多くの女性で胸が大きいのを経験することから理解できます。女性ホルモンを増やすのが最も重要な要素であり、そのための習慣があるかどうかが決め手になるのです。

 

女性ホルモンを減らしてしまいやすい人は睡眠不足やダイエット、日常的なストレスの蓄積などの影響で女性ホルモンのバランスが乱れてしまっている場合が多々あります。

 

また、貧血や循環不足によって血液やリンパ液が十分に機能していないのが原因になる場合もあるでしょう。

 

女性ホルモンがある程度分泌されていたとしても、大きい胸になるには栄養も欠かせません。

 

タンパク室や脂質が十分にとれていることや、亜鉛やビタミンB12、葉酸などの組織を育てるのに必要なビタミンとミネラルをしっかりととっていることも重要になるのです。

 

女性ホルモンが少ない人であっても、大豆のように女性ホルモンと同様の作用を示す成分が豊富に含まれている食べ物を良く食べる習慣があると、女性ホルモンの少なさをカバーできます。

 

遺伝的に胸が小さい人でも生活習慣さえ違えば原因を克服してしまうことが可能です。

 

そのため、先天的要因よりは後天的要因の方が影響力が大きいのが実際であり、大きい人と小さい人との違いはむしろ生活習慣にあると言えるでしょう。

 

また遺伝で胸が小さいと悩んでいる人でも手軽にバストアップを実現できてしまう強力アイテムがベルタプエラリアです。