授乳中の女性の体について

ベルタプエラリア

 

母乳は赤ちゃんの大事な栄養源であり、病気に対する抵抗力を付けるなど乳幼児に様々なメリットがあります。

 

妊娠中の女性の体は、出産に備えるため女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増加します。

 

しかし、これら二つの女性ホルモンは出産が終わると急激に減少します。

 

授乳中にはエストロゲンとプロゲステロンの代わりに、母乳の分泌を促し子宮を収縮させることで体を元の状態に回復させる、プロラクチンの分泌量が増えます。

 

妊娠期間に少しずつ増加してきたホルモンが突然減少する上に、異なるホルモンが増えることで女性の体は急激なホルモンバランスの変化に付いていけないことがあります。

 

産後6週間から8週間程度ほどは産褥期と呼ばれ、様々な体の不調が現れる可能性があるので注意が必要です。

 

授乳中はプロラクチンとオキシトシンという2つのホルモンが作用し、血液を主原料に母乳が作られ、乳頭へと押し出される仕組みです。

 

母乳の材料はお母さんの血液なので、授乳中には血液の量や質を高める食事が良いとされています。

 

栄養バランスの整った食事と水分が多めの食事が良いとされ、塩分や脂肪分の高い食事は控えめにしましょう。しかし食事に気を使うあまり精神的な負担を感じると、ストレスから自律神経の乱れを引き起こし、結果的に授乳中の母乳の分泌量を減らすこともあります。

ベルタプエラリアを授乳中に飲むことはどうなのか?

ベルタプエラリアは、バストアップを目指す女性のために作られたサプリメントです。

 

バストアップの効果に加えて、美容効果やダイエット効果もあるのが特徴です。

 

ベルタプエラリアには、高純度で希少な植物「プエラリア・ミリフィカ」が配合されています。

 

通常のプエラリアと比較して高品質な「プエラリア・ミリフィカ」には、大豆に換算すると約40倍にもなるイソフラボンが含まれています。

 

バストアップには、乳腺を発達させる女性ホルモンの分泌量を増加させる必要があるため、女性ホルモンと似たイソフラボンは、女性ホルモンに近い働きが期待できます。
他にもヒアルロン酸・プラセンタ・ザクロ・コラーゲンといった美容成分が配合されていて、一つひとつの素材にこだわり厳選されています。さらに気分をリフレッシュさせる5種類の成分も配合されているため、日々の生活をスッキリとした気分で送りたい人にもおすすめです。

 

授乳中の女性の体は、妊娠していない通常の状態と比べて、ホルモンバランスに変化が見られます。

 

ベルタプエラリアは、女性ホルモンを増加させることでバストアップを促すサプリメントですので、母乳や体調に何らかの影響を及ぼす可能性があります。

 

安全に授乳後のバストアップに備えたい時は、かかりつけの医師や薬剤師にあらかじめ相談し、許可を得てから飲んでください。

授乳中からバストケアしたい方は

産後バストが垂れたり、形が崩れる人が多いことから早めにバストケアを始めたい人もいると思います。

 

そこで、バストアップサプリ・・・となると、口に入れるものだけにどうしても安全性が気になってしまいます。

 

そこでおすすめなのは、ナイトブラです。

 

ナイトブラは着用するものなので体質を変える効果は直接的にはないものの、「バストが垂れる」「形が崩れる」原因に対してしっかり外からアプローチしてくれるアイテムです。

 

産後バストが垂れる原因に、体内要因もありますが、妊娠中はブラをつけなかった・・・とか、授乳中はゆるゆるの下着を着けているという外的要因も大いに関係しています。

 

妊娠中から授乳期は約1年〜2年近くあります。その間、しっかりと乳房を支えるブラを着けていなかったとなると、やはりバストを支えるクーパー靭帯は知らず知らずのうちにダメージを受けている可能性は大です。

 

また、大胸筋の筋力低下も関係しているでしょう。

 

そこで、ナイトブラは、寝がえりなどによるクーパー靭帯の損傷やお肉の横流れなども防いでくれます。また、ナイトブラを着けることで安眠効果もあると言われていますから、睡眠の質が良くなることで間接的にホルモンの分泌も良くなると言えます。

 

また、ナイトブラによってはマタニティブラや授乳ブラとしても着用OKというものもあり、程よい締め付け感で妊娠中、授乳中で心地よく過ごせます。

 

当サイトでおすすめのナイトブラはViage(ヴィアージュ)ビューティーアップナイトブラです。

 

ベルタプエラリア

 

>>公式サイトはこちら<<